顔-FACE-

画像

横山秀夫の「顔」
この人の本は「半落ち」しか読んでいないのですが、このD県警というのはシリーズになっているんですね。最新作から読んでしまった・・・。
今回の主人公、平野瑞穂が壁にぶつかりながら、葛藤しながら、自分の道を切り開いていく姿がとてもよかったです。
この短編集の中では特に「心の銃口」が好きでした。
ミステリーというよりは成長物語。
このシリーズの前の作品も読んでみたくなりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック