ねじの回転

画像
画像

恩田陸「ねじの回転」は、文庫版では上下巻に分かれています。
恩田陸さんらしい不思議な世界観と、様々な断片がまとまっていく感じがとても好きでした。
二・二六事件を題材にしているのですが、かなり勉強不足のまま読んだので・・・ちゃんと事件の知識を持って読んだほうが、百倍面白いでしょうね・・・。
恩田陸さんの「すごいな」と思うところは、最初のほうでは意味の分からない物語の切れ端が、ちゃんと印象に残り、後々にその位置づけが分かったとき、「あぁ!」という喜びが得られるところだと思います。
同じような物語構成でも、文章が印象に残らない小説の場合、せっかく面白い仕掛けが物語にあっても、気づかずに通り過ぎてしまったりするので。

恩田陸さんの小説では、「三月は深き紅の淵を」と「麦の海に沈む果実」が好きです。
「光の帝国-常野物語」が初めて読んだ恩田作品でしたが、これで恩田さんが大好きになりました。
これも忘れられない一冊です。
常野物語の続編(?)がハードカバーで出るようですね。
何年後か分かりませんが、文庫化を楽しみにしています。

ところで、恩田陸さんは人気があるためか、なかなか文庫化されないですね~。
文庫化を待っている小説がすごくたくさんあるのに・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック