悪霊島

横溝正史「悪霊島」を読みました。
上下巻にわかれていましたが、それほど長くは感じませんでした。
孤島、謎の言葉、美しい婦人、双子、洞窟・・・入れるべき要素はすべて入れ、おどろおどろしく仕立て上げています。
作品としては、金田一が若い、前期の作品のほうが心惹かれますが、この小説ではおなじみの磯川警部の過去が明らかになり、またそれが事件の重要な要素として絡んでくるところが、目が離せなかったです。
登場人物は多いですが、一人一人のキャラクターがしっかりしているので、分かりにくいところはなかったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック