ワーキングガール・ウォーズ

柴田よしき「ワーキングガール・ウォーズ」読みました。 総合音楽企業の企画部係長・墨田翔子、三十七歳、独身、仕事は出来るが人と接するのはイマイチ・・・ストレスの塊の彼女の周りには悪意や嫉妬が渦巻いている。 基本的に、女の嫌な部分がむき出しになっているような小説は好きではないのですが、これは好きでした。 根の部分が「素直でかわいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪違屋糸里

浅田次郎「輪違屋糸里」を読みました。 新撰組物は、いままであえて避けていました。 どれをとっても悲劇的な最後の気がして、ハッピーエンド好きとしては、ちょっと読みづらい・・・。 でも、糸里、吉栄、お梅、おまさ、お勝、女たちの視線から見た新撰組ということで、面白そうなので手にとって見ました。 女たちが強い! 男も女もみんな、逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more