顔-FACE-

画像

横山秀夫の「顔」
この人の本は「半落ち」しか読んでいないのですが、このD県警というのはシリーズになっているんですね。最新作から読んでしまった・・・。
今回の主人公、平野瑞穂が壁にぶつかりながら、葛藤しながら、自分の道を切り開いていく姿がとてもよかったです。
この短編集の中では特に「心の銃口」が好きでした。
ミステリーというよりは成長物語。
このシリーズの前の作品も読んでみたくなりました。

"顔-FACE-" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント