テーマ:恩田陸

クレオパトラの夢

恩田陸「クレオパトラの夢」を読みました。 恩田陸さんらしい小説でした。 恵弥はどこかで見たことがあるキャラクターだな~と思っていたら、「MAZE」に出ていた神原恵弥だったんですね。 MAZE自体は恩田さんの作品の中では好きな方ではなかったのですが、神原恵弥は好きでした。 「クレオパトラの夢」は、登場人物同士が「クレオパト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まひるの月を追いかけて

恩田陸「まひるの月を追いかけて」を読みました。 恩田さんの書く小説では、登場人物がだらだらと話をあちこち脱線させながら会話を続けていくというシーンが多いように思いますが、これもその一つ。 話があちこちに飛びながら、一つの方向に進んでいく感じが恩田さんの小説らしくて読みやすかったです。 日常生活からは逃れられない、逃げたとしても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじの回転

恩田陸「ねじの回転」は、文庫版では上下巻に分かれています。 恩田陸さんらしい不思議な世界観と、様々な断片がまとまっていく感じがとても好きでした。 二・二六事件を題材にしているのですが、かなり勉強不足のまま読んだので・・・ちゃんと事件の知識を持って読んだほうが、百倍面白いでしょうね・・・。 恩田陸さんの「すごいな」と思うところは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more