テーマ:横山秀夫

クライマーズ・ハイ

横山秀夫「クライマーズ・ハイ」を読みました。 40歳になる群馬の地元紙記者、悠木が直面する様々な問題。 ギクシャクした家族との絆。 果たせなかった友人との山登りの約束と、その友人の行動の謎。 会社の一部としての立場と記者の使命感の狭間で揺れる気持ち。 社内の軋轢。 そして、日航機墜落事故という大惨事。 いろいろなテーマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

顔-FACE-

横山秀夫の「顔」 この人の本は「半落ち」しか読んでいないのですが、このD県警というのはシリーズになっているんですね。最新作から読んでしまった・・・。 今回の主人公、平野瑞穂が壁にぶつかりながら、葛藤しながら、自分の道を切り開いていく姿がとてもよかったです。 この短編集の中では特に「心の銃口」が好きでした。 ミステリーというよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more