流星ワゴン

画像

重松清「流星ワゴン」読みました。
久しぶりに小説読んで泣きました。
ちょっと涙もろい・・・。
テーマは父と子。
近いから素直になれない、素直になれないからすれ違う。
近づくきっかけを失う。
きっかけはたくさんあったのに。

人生の岐路になった場所に主人公は連れて行かれながら、父と妻と息子の本当の姿を見ることになり、新たな関係へと向かっていく。
少し浅田次郎さんの「地下鉄に乗って」を思い出しましたが、読んだあと流星ワゴンのほうがすっきりと、温かい気持ちになりました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック