時生

画像

東野圭吾「時生」読みました。
息子「時生」が不治の病で最期のときを迎えようとしているとき、主人公拓実は妻に「20年以上前に時生に会った」と話し始めた。
時生と名乗る少年が、すさんだ生活を送る若き頃の拓実の前に突然現れ、急に姿を消した当時の恋人、千鶴の行方を捜す拓実と行動を共にする。

いくつか印象深いシーンがあるけれど、一つは時生の言った「あの人の若気のいたりは見たくない」というセリフ。
確かに見たくないだろうけれど、子供に見られたくないよな~と、急に主人公に同調して赤面してしまいました。
子供に見られていい過去かどうか・・・なかなかどうぞ、どうぞと言う人はいないかな。
そして、もう一つ、最後のシーンです。
ちょっとほろりときました。
面白く、すっきりと読める作品でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック