輪違屋糸里

画像
画像

浅田次郎「輪違屋糸里」を読みました。
新撰組物は、いままであえて避けていました。
どれをとっても悲劇的な最後の気がして、ハッピーエンド好きとしては、ちょっと読みづらい・・・。
でも、糸里、吉栄、お梅、おまさ、お勝、女たちの視線から見た新撰組ということで、面白そうなので手にとって見ました。
女たちが強い!
男も女もみんな、逆らえない流れにがんじがらめになっていながら、一生懸命に自分の出来る限りのことを精一杯、やり遂げている姿が生き生きと描かれています。
特に、芹沢が哀しいほど真っ直ぐで、個性的で、物語を支えていました。
他の新撰組の本を知りませんが、近藤、土方、芹沢、新見、沖田、永倉、みんなそれぞれの作者の思う個性で描かれているのでしょうね。
私は、浅田さんのキャラクターが基本になってしまいそうです。
意外と仲のいい近藤、芹沢両局長。
かなり悪人だけど優しい土方。
正義感の永倉。
他の新撰組物も読みたくなりました。
とりあえず、違和感がなく読める「壬生義士伝」かな?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック