なんでも屋大蔵でございます

画像

岡嶋二人「なんでも屋大蔵でございます」を読みました。
やっぱり岡嶋二人は面白い。
なんでもやるなんでも屋の釘丸大蔵は、犯罪や汚いことはしない。
暖かい人柄の大蔵の関わった事件を、優しい語り口で紹介すると言う形の連作短編小説。
岡嶋二人さん(といっていいのでしょうか)のほかの作品と同じく、崩れたところのない、安心して楽しめる小説でした。
加害者にも被害者にも、通行人Aみたいな感じではなく、ちゃんと性格やそれぞれの事情を与え、人間味あふれる内容になっています。
岡嶋二人の作品は、一作読み終わるごとに寂しくなります。
こんなに面白いのに、もう新しい作品には出会えないんだ~と。

この記事へのコメント

祖千ン
2008年07月20日 04:25
これ始めたら女釣れすぎwww
いつもテ〃リ嬢に金払ってたのがバカみてぇ。。
だってヤる度に金くれんだもんヽ(´ー`)ノ
ぶっちゃけ風俗は卒業ッス(´ー`)y─┛~~

http://darani9pi.net/raku/DNKm5gew
虎とら
2008年09月06日 12:41
オナ見だけの予定だったけど、ちゃっかり最後までフィニッシュwwww
だって下のお口がツユダクだったんだから挿れるしかないっしょヽ(゜∀゜)ノ
指マ&栗攻め→イラ魔チォ→騎乗→ナカ出シ
の黄金パターンでガッツリ楽しんできますたぁぁあぁヽ(´ー`)ノ

http://c-melon.net/ameban/t146fu6z

この記事へのトラックバック