テーマ:柴田よしき

ワーキングガール・ウォーズ

柴田よしき「ワーキングガール・ウォーズ」読みました。 総合音楽企業の企画部係長・墨田翔子、三十七歳、独身、仕事は出来るが人と接するのはイマイチ・・・ストレスの塊の彼女の周りには悪意や嫉妬が渦巻いている。 基本的に、女の嫌な部分がむき出しになっているような小説は好きではないのですが、これは好きでした。 根の部分が「素直でかわいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふたたびの虹

柴田よしき「ふたたびの虹」を読みました。 知人が貸してくれたのですが、柴田よしきさんの本は初めてで、「恋愛ミステリー」とか書いてるし、知人にしては変わった本に手を出したんだな・・・と、たいして期待せずに読み始めました。 面白かったです。 「恋愛ミステリー」なんて書くことで、この本の価値を下げている気がします。 池波正太郎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more